本文へスキップ

アミューズサーフショップはサーフボードの修理が得意なお店です。

お電話でのお問い合わせはTEL.045-402-3358

〒222-0026 神奈川県横浜市港北区篠原町82-5

コンセプトconcept

Repair Polyester

自分で修理するには時間が無かったり、上手くできなかったり。
樹脂を塗って修理したのに、傷だと思わなかった小さなスジだったのに、
いつの間にか変色してる、触るとフカフカしてる、という経験をされた方は多いのではないでしょうか。
この傷は大丈夫?FCSプラグは生きている?などの検査やご相談は無料で行っています。
お気に入りの板だからこそ綺麗に修理して長く乗ってあげたいですね。

傷の状態、お客様のご希望、ご予算に合わせ、仕上方法、作業方針をお選び頂けます。
難しい専門用語ではなく分かりやすい言葉で説明しておりますのでご安心下さい。

当店にて修理をされる皆様へは、お見積書などの書類作成を無料にて承っております。
写真撮影のサービスは行っておりませんので、お写真が必要な方はご自身にてお願い致します。

ロングボード、ショートボード、メーカー、ブランドに関わらず修理を承ります。
リメイク、レストア、こんな風にしたいんだ! こんなのデキる?
皆様のイメージに合わせた様々なリメイク、難しい特殊加工もオマカセ下さい。

遠方からのご依頼も数多く承っております
詳しくは「NEWS」をご覧下さい。




Fin
折れたフィンは紛失。
根元の強化+同一の大きさのフィンをフォイル・製作して立てました。



Takayama TwinFin タカヤマ ツインフィンの根元破損。
折れた状態でフィン本体も傷めているので付け替えます。
ホワイトのキールフィンは日焼けにより変色しやすいのでクリアーのフィンを装着。
シックで上品な雰囲気に仕上りました。



  JOYFUL ジョイフル ウッドフィン先端の修理



Andreini アンドレイニ 折れたフィンの立て直し



Mirandon ミランドン
ボードラックからの落下。
フィンが押されて根元が剥離しています。
特殊な形状のウッドフィンなので海の中で破損をしてフィンを失くしては大変ですし、このまま使用しますと破損が広がりますのでフィンの立て直しをしました。



長年大切にしていたボードのフィン折れ、フィン自体も破損していましたので再利用できません。
根元の剥離修理+カラーを入れて目立たなくして、新しいフィンをフォイルして立て直しました。



フィン根元の修理跡にクロスが入ってませんでした。
強度不足+チカラが加わって破損しました。
フィンの根元を強化してフィンナップしました。



Island Classic Surfboard ASO アイランド クラッシック サーフボード アソー
80年代にオーダーメイドしたサーフボード。
うんじゅー年ぶりに乗ってみようと思って。
一番大きいダメージはフィン+テール周りでした。
全てのフィンの根元が剥離しているので、フィンの立て直しをしました。
右側のフィンは折れて海に流れて紛失しているので、オリジナルと同じ大きさに作ったフィンを装着。
ボトムの小さなヘコミ、小さな傷も全て修理しました。 



Christenson クリステンソン
フィンの根元が割れています。
一旦、フィンを外して根元を修理してからフィンの立て直しをしました。



Andreini アンドレイニ
フィン根本は完全に剥離を起こし、101バンブーフィンも破損していました。
フィンの修理+根本の剥離修理をして傷跡を出さないよう処理をしてからフィンを立て直しました。



Takayama Scorpion ドナルドタカヤマ スコーピオン
フィンにチカラが加わって根元が深く剥離し、フィン自体にもダメージがみられました。
折れたも同然の状態ですが、完全に折れてフィンを紛失しなくて良かったです。
根元とフィンの修理をして整えてからフィンを立て直しました。



テイル形状が左右非対称の特殊なボードです。
サイドに1つだけ付いたフィンが折れたので根元を埋めたそうですが、やはりサイドフィンが無いと調子が悪いとの事でフィンナップします。
根元を再修理して整えてからフィンナップ。
カラーで修復跡を目立たなくしました。
以前の修理で消えてしまっていたピンライン(細いデザイン線)も再現しました。



フィンの先端部分を補修しました。




FCS
プラグが陥没してフォームを痛め、左右に長く亀裂が入っています。
フォーム交換+プラグ交換。
大きめにラミネートして亀裂もカバーしました。



青色のFCSプラグが半分だけ割れて食い込んでます。
フォームを大きく痛めていなかったので部分的なパテ処理+プラグ交換の修理をしました。 



スッポリプラグが抜けています。
穴の周りの処理をしてからプラグ埋め。
価格重視コース、ドライサンディングで仕上げたのでマットな感じに仕上がりました。



SCELL ファンボード
バックフィンFCSプラグ破損+右側プラグ後ろヘコミ割れ
フィンが後ろにメリ込んでストリンガーの一部も破損して樹脂が塗られていました。
プラグ交換をして傷んでいる部分を積層修理しました。
フィンを立てると目立たないのでストリンガー上の色剥げは着色しませんでした。
カラー費用を省けました。



アルメリック FCSプラグ破損



JC ジョン・カーパー FCSプラグ破損
前側のプラグは盛り上がり、ボード本体を痛めているのでフォーム交換が必要です。
後ろ側はプラグ周りの白い樹脂が割れてグラツキがあり、クロス補強だけでは強度は足りず再破損しますのでプラグ交換をしました。傷跡が見えないよう修理しました。



ノーマーク FCSプラグ破損
フォームに亀裂が入っているのでフォーム+プラグ交換、カラーリングしました。



デッキ側、FCSプラグ上が割れています。
亀裂から水と砂が入って剥離しています。
価格重視の為、修復跡を最小限に抑えましたので全ての砂の摘出はできませんでした。



LOST Mini Driver ロスト ミニドライバー
FCSプラグ、デッキ側の割れ。
扱いの良し悪しではなく、どなたのボードでも使用されていれば起こる現象です。
骨ばった印象でスジがあったら要注意。浸水する傷ですので早めの修理をオススメします。
修理+クロスパッチを入れて補強、デッキパッチを貼りなおしてご返却致します。




FCS Fusion Plug 
アルメリック フュージョンプラグ破損
レイルの修復が不完全だった為、プラグ周りに水が浸み込んで剥離を起こし、プラグ自体の強度が落ち、ちょっとしたキッカケで陥没。
カラーは入れませんでしたのでフォーム移植範囲が見えると思いますが、剥離範囲が広かったので通常よりも大きなフォーム交換が必要でした。
このように小さな傷が原因で大きな破損につながる事があります。




FCS 2 Plug 
LOST FCSU
プラグに沿ってクラックが入り、グラグラと動揺してフォームが動いているのを確認しました。
このまま放置しますと大きな破損になりますので新しいプラグと交換しました。




Future 
Encinitaz エンシニータス
フューチャーボックスが抜け落ちていました。
周りのフォームも痛め、特に左側が大きく剥離していますのでフォーム+ボックス交換をしました。
Futureボックスは3世代あり、それぞれ微妙に形が違います。
1か所だけ違うボックスが入ると違和感が出るので両サイドと同一のボックスを埋め込みました。
フォーム移植跡(修理跡)が見えないような作業を行いました。



このクラックを消すため深く削るとボックスを痛めます。
ギリギリのところまで攻めて、積層+ボックス全体にクロスで補強をしました。
うっすらとスジは残りましたがパッチも入っていますのでご安心下さい。




Future C5 Plug 
C5プラグ 小さいフューチャープラグ
ツインザーのフロントなどに使われる C5 BOX
割れ込んだ部分を積層で整えてから新しいプラグを移植。
ラメやボックス周りの濃紺のフチドリも再現しました。



Stu Kenson ステューケンソン Future C5 プラグ破損
チビプラグが陥没してフォームを痛めてます。
フィンがメリ込んだ後ろ側も含め、傷んでいる部分のフォームを抜き取り、新しいフォームを入れて整えてからプラグを埋め込みます。
四角いフォーム移植跡(傷跡)が見えないよう裏技を使いました。




CI Plug
AL MERRICK Fred Stubble アルメリック フレッドスタブル
Channel Islands チャンネルアイランド オリジナルFCSプラグ破損
陥没してプラグが動揺していましたのでフォーム+プラグ交換が必要です。
CIプラグの取扱がありませんのでFusionプラグに変換。
フォーム移植跡が見えないよう作業を行いました。




O'FISH'L オフィシール
←ボックス本体も破損

↓ボックス横の押し潰れ
古いタイプのフィンシステムです。
国内ではパーツを手に入れる事はできませんのでボックスを傷めないよう慎重に修理しました。

オフィシールは時期によって微妙にボックス形状が変わっています。
新しいパーツを入手できたとしても現在のフィンが適応するかは不明です。
レストアコーナーでもオフィシール破損例を掲載中。 
   
  
DavidNuuhiwa デビッド・ヌヒワ Vintage





Fin Box
Webber ウェーバー フィンボックス破損
乗っているとボックスが飛び出てくるそうです。
出てきているのに気づいたら、その都度、押し込んでいたそうです。
ボックスを交換し、シッカリ修理をしました。
もう心配しないでサーフィンできますネ(*^^)



ノーマーク ロングボード
海から上がったらフィンが曲がって立っていたそうです。
フィンボックスが飛び出して左側は陥没していました。
ボックス横のヘコミは積層修理をして全体に大きく補強のパッチを入れました。
右寄りにボックスが入っていたので正位置に入れなおし、ドライで仕上げました。



WEBBER ウェーバー ロングボード
ボックスが破壊し、フィンも折れたそうです。プレートも食い込んで外れません。
ボックスを交換+補強パッチを入れます。
テールも全体的に割れ、ボックス周りにも細かい傷がありましたので大きめにカバーして気になる傷は全て修理しました。ボックス周りの細かいクラックも消えました。



 WEBBER Longboard
フィンボックスがスッポリ抜けています。
ボックス下のフォームに亀裂が入り、かなり強いチカラが加わった事がわかります。
この亀裂は無視できません。
このままボックスを埋め込んだりパテで処理をしますと強度に問題が発生します。
かといって全体的にフォーム移植をすると修理跡も大きく出てしまうので、
ボックス底部の裂けたフォームを抜取って新しいフォームを移植後ボックスを入れました。
大きくクロスパッチも入れました。



WEBBER LONGBOARD
フィンボックスが割れて抜け落ちています。
テイル側の一部、底部分だけ残っていましたが、フィンは海に流れてしまったそうです。
周りを痛めないよう慎重に残っているパーツを取り除き、新しいボックスを埋め込みました。
補強のクロスパッチを入れました。



Christian Fletcher クリスチャンフレッチャー
ロングボードのセンターボックスの中が割れて陥没しているのでボックス交換を行います。
フィンボックス周りの割れも一緒に綺麗になりました。



Josh Hall ジョシュ・ホール 
フィンボックスのヒゲクラック+変色
ボックスのテール側にはクラックが無いのに変色していました。何だか様子がおかしい。
精密検査の結果、フィンボックスが全体的に陥没している事がわかりました。
ボックス自体の動揺は見られなかったので、沈んでいる部分は積層で作って、
更にボックスを全体をカバーするよう大きいパッチを入れて強化しました。
フィンには強いチカラが加わります。小さなクラックが大きな破損につながる事もありますので、
季節の変わり目などでフィンボックス周りをチェックしてみて下さい。



Joel Tudor Longboard ジョエル・チューダー ロングボード
フィンボックス上に左右に広がる割れ、ボトムの大きな丸いヘコミ+割れを修理しました。



フィンボックス クラック
ニャンコのヒゲのようなクラックは消えました。




Nose
TRUE Surfboards ノーズ先端破損
レイルの傷も綺麗になりました。



JC ノーズ先端にカビが生えていました。
クリーム色を入れて修理しました。



LOST CONQUEST ロスト コンクエスト
欠損した先端を作りました。



SURFBOARDS TOKORO トコロサーフボード
リアルペーパーでグラッフィックデザインされたボードです。
ノーズ先端は修理跡があり、レイルも長い距離で割れていました。
ノーズ先端の再修理+レイルは積層修理しました。



Al Merrick #4 アルメリック
デッキに亀裂が入って変色。
レイルも割れて、ノーズ欠損(修理跡)もあるのでノーズ全体を修理します。
ノーズ全体をデッキとボトムからの両面ラミネートをして修理+クリアー層も作りました。



Cordell コーデル
ノーズ破損修理ついでにクリアー層を入れます。
デッキを下にしてボードを地面に置くとノーズ先端がガサガサと傷むので保護になります。



Hammo BANANA PANCAKE
修理+カラー+クリアー層を作りました。



AL MERRICK アルメリック
ノーズ先端がグニャッと折れ曲がった状態でデッキ側、ボトム側、両面の修理を致しました。
カラーを施し、クリアー層を作りました。



ストリンガーが露出してます。
修理+クリアー層を作りました。
ノーズ形状によりクリアー層の形も変わります。



先端の欠損。



LOST ロスト
修理跡が変色して割れていました。
積層+カラーにて再修理しました。



DHD
ノーズレイル+ノーズエリアのボトム側に無数のクラックがありました。



LocalMotion KT ローカルモーション
ノーズ・ボトム側クラック。
強いチカラが加わってミシッと入った傷です。
サーフボードはクロスで巻かれて強度を保っています。
このような傷が入ることにより強度のバランスが崩れ、ちょっとした衝撃で折れてしまう事があります。
ノーズエリアに見られる傷ですが、長いボードは中央やテールに見られる事があります。 



MANDALA マンダラサーフボード
ガレージに不審者が侵入?!絶対に落ちる事がないラックからの落下したそうです。
潰れたノーズを形成・ラミネート。
カラーを入れて修復跡を目立たなくしました。



TylerWarren タイラーウォーレン
ノーズ先端にザクッと傷が入り、水が入らないように簡易的に樹脂で穴をふさいでいる状態。
ノーズ形状が特殊なので上手くラミネートされていなかったのも原因の1つかも。
大きめにラミネートして補強しました。



Woosh Surfboard ウーシュサーフボード
ノーズに集中して傷がありました。
修理跡の周りはガタガタと波打ち、キューッと押し潰れたように全体がヘコんで歪んでます。
ノーズ全体を両面ラミネートで補強、強化。
ヘコミやガタガタを積層修理で戻しました。
複数のクロスが重なっている部分は青っぽく見えますが、しばらくすると馴染んできます。



Harbour ハーバー ロングボード
積層で両面ラミネート



ノーズレイル クラック 積層で両面ラミネート




Hobie ホビー ロングボード
ノーズレールにザックリ+バリバリ。
反対側のレールもザクザク割れているのでノーズ全体の修理をしました。
ピグメントのフリーラップデザインの、風合いを崩さないよう、切替あたりのカラーも合わせました。



ブラジル製 フィリッペ サーフボード
広範囲に割れ+シュリンクがありました。
ディケールを傷めないよう萎縮した部分を積層で戻して着色しました。


KT LocalMotion ローカルモーション
ピグメントのアブストラクト(マーブル模様)です。
このボードは顔料を樹脂に混ぜて着色する手法ですのでサンディングにより色が薄くなります。
着色を工夫する事により自然な感じで仕上がります。



Webber ノーズ・ボトム側クラック。



Bing
ボトムにクラックが2本。
色が濃くなっているレール部分はクロスが多く重なっているので、色が濃くなるところでピタッとクラックは止まっています。
クロスの大切さの表れですね。
たった1本2本のクラックでもボード全体の強度やバランスが落ちるので、何らかのテンションが加わると折れる事があります。
クラックを発見してすぐお持ち頂けたので、
浸水のシミも残らず美しく仕上がりました。



BEAR ベアー ロングボード
ボトムに細かい無数のクラック。
レイルの修理跡も綺麗になりました。



Christenson クリステンソン
ノーズ周りに連続した傷がありました。
修理+パネルカラーを入れなおしました。




Nose 折れ
Raise Surfboard
ヨジレるようにノーズが折れてます。
ストリンガーも断裂していました。
ロッカー調整、ストリンガーを補強して折れた部分のラインをつなげます。
カラーを入れて傷跡を目立たなくしました。



McCoy マッコイ 
ノーズが潰れてるので先端部分は使えません。
潰れたノーズをシェイプして作り、デザインとディケールをカラーで再現しました。



MILNE
デッキ側にグニャッと折れ曲がった状態。
ボトムは無数のクラック。ストリンガーも断裂。
ボードの機能を失わないようロッカーを戻してから修理。
カラーを入れて傷跡を目立たなくしました。



HIC
デッキ側レイルにも亀裂が入り、折れた状態です。
強度、見た目、ともにシッカリ修理しました。 



Joistik Nick Blair ノーズ折れ
デッキ側は深く割れ込み、ボトムの皮1枚で繋がっている状態でした。
修復跡を残さないような作業を行いました。



EMERY エメリー サーフボード
ボトムはストリンガー断裂、デッキ側にギュッと折れ曲がったような状態でした。
カラーは使わずに修理しました。



デッキは大きく凹み、ボトムは無数のクラック。
デッキ側にウニュっ!と折れ曲がったようにチカラが加わり折れたと同じような状態です。



SeaBird シーバード テル大橋シェイプ
デッキ側は割れ、ボトム側は細かいクラックがたくさん。
ノーズ折れと同じ状態です。
デッキ、ボトム、両面とも積層修理をして傷跡を出さずに修理しました。
中途半端にディケールが消えましたのでペイントで鳥さんを描きました。
マツゲ、ちょっと長いかな〜 



デッキ側は無数のクラック、ボトム側はストリンガーが断裂し、折れた状態でした。
パテ使用、カラーは入れてません。
手間を省いた一般的な修理方法です。



Schaper シャーパー ロングボード
ノーズ折れ。折れた断面にボンドの跡が。
以前の修理が不完全だったようで、同じ場所から折れていました。
ロッカー調整をして接続。
強度を考えて大きめにラミネートしてカラーで傷跡を目立たなくしました。



Mabo Royal マーボロイヤル ロングボード ノーズ折れ
ずっと昔に折れてしまい、保管してあった大切なボード。
再び乗ってみたくなり修理をご依頼下さいました。
ボトム面の龍の絵が消えないよう、ディケール(マーク)も消えないように修理しました。 



OLIVE オリーブ ロングボード
ノーズ折れ+皮剥がれ。
このボードはラミネート時に着色しているので、めくれた皮を剥がすとマッ白になります。
ロッカー調整、接続、カラーにてマーブル(アブストラクト)とレール(ティント)を再現しました。




Center 折れ 
Koki ケオキ ロングボード
大きい波を攻めて折ってしまったそうです。
ストリンガー補強を入れて大きめにラミネート、カラーでストリンガーも再現。




Tail 折れ
デッキパッチで繋がっていますが、完全に折れた状態。
オンフィン、リーシュカップも絡んできます。
価格重視のプロテック仕上にしました。
このような価格重視コースもご選択頂けます。 



MCTAVISH マクタビッシュ ロングボード テール折れ
FCS・フィンボックスからセパレートに折れています。
テールから見て左側のFCSはメリ込んで破損しているのでフォーム移植+プラグ交換。
右側のFCSは破損が激しくなかったのでプラグだけ交換。
テールロッカーの修正をして貫通のストリンガー補強をダブルで入れました。
デッキ、ボトムともにカラーリングで修復跡を目立たなくしました。
強度と機能を考えた修理を行っていますので、今迄と同じようにバンバンご使用下さい。




Tail 
Free Ride
サメに食われちゃった?!みたいなテイル破損。
ロービング(リーシュバンプ)があるので大変でした。



フィッシュテイルの先端破損



フィッシュテイル先端破損.
カーボン模様も再現しました。



テイル先端+レールの修理跡を再修理しました。



AL MERRICK HIGH 5 アルメリック ハイファイブ
個性的なテイル形状ですのでラミネートが難しいですがシッカリ強度を保った修理を致します。






Rainbow Surfboards レインボーサーフボード
レトロツイン テイル先端破損
潰れてボトム側はメクレ上がっていました。
ボトム面、デッキ面、両側からの作業をしてアブストラクト(マーブル模様)を再現しました。



デコボコとクラックが綺麗になりました。



ディックバンストラーレン オーストラリア
フィッシュテールのマタが割れてます。
製造時にラミネートするのが難しい場所で、レトロフィッシュ系のボードによくある傷です。
クロスが薄くなっている部分もあり、リーシュが食い込んで再び割れるのを防ぐ為、テール全体を大きくカバーして強化しました。



アルメリックのポッドを買ったばかりなのに…
肩を落されていたお客様へ最大限の努力を。
かなり深くまで割れていましたが傷跡を出さないよう頑張りました。



SPEC
右側の角がバリッと割れていました。
テイル全体的にクラックが入っていたのでテイル全体のラミネートをしました。
一部分だけでも全体的でも金額は大きく変わりません。



LocalMotion WadeTokoro ローカルモーション トコロ
落としてしまい、テイルが潰れていました。
カラーを入れて修復跡を目立たなくしました。



JS
テイルが潰れています。
バーコード柄のディケール(マーク)も白く剥離をして割れているので一部分が消えました。
修理にあたりデッキパッチを外しましたが装着しなおしてご返却致します。



右側はフォームが見えていますが、テイル全体がバリバリ割れていました。






JS Australia
エッジにクラック。
テール全体をカバーしました。



形が崩れていたのを戻して積層で補強しました。



LOST CONQUEST ロスト コンクエスト
テイル右端が潰れ、テイルエンドにも割れているのでテイルエリア全体の修理をしました。
エレベーター ウイングテールは形状が複雑ですので修復が大変でしたがシッカリラミネートしました。



Eric Christenson エリック クリステンソン
カラー+ポリッシュで仕上げました。



Takayama Model-T
ロングボードのフィンが刺さったそうです。
ストリンガーも押し潰れています。
レイルの小傷も含め、テイル全体の修理をしました。 



角が潰れてます。
ドライ仕上なので少し白っぽい仕上がりです。









海賊 ロングボード
オーバーサンディング(削りすぎ)が原因で修理跡が割れていました。
軽く爪で押すとパキパキ割れます。
テール全体の修理になりますのでテイルレイルも一緒に修理しました。 



   
 Christenson クリステンソン ドライ仕上



OHASHI SHAPE DESIGN 大橋勧シェイプ
リーシュロープがザックリ食い込んでリーシュカップもスッポリ抜けてます。
傷んだ部分のフォームを切り取り、新しいフォームを移植してシェイプ。
リーシュカップも埋め込みました。
日焼けによる変色が少ないボードですので、あえてカラーを入れず仕上げました。



テイルのボトム側がデコボコとシュリンクしています。
フォームが萎縮している状態です。
直射日光が当たる場所や車内などに放置するなど、温度差の激しい場所での保管に原因があります。
フォームに問題がある場合もあります。




Rail
Futureフィンボックス横のレイル破損
ボトム側、傷周りが沈んでます。ピグメントなので傷跡が出ないよう修理するのは難しいですが、amuseなら綺麗になります!



MILNE Durfboards ミルン レイル破損
よ〜く近くで見ると青みが出ていますが、これは樹脂に混合された紫外線防止剤の影響です。
使用していくうちに馴染んできます。



TRUE Surfboards
ノーズレールが潰れています。
デッキ側はブルーを入れ、ボトム側のディケールを再現しました。



Al Merrick アルメリック
ディケール上が潰れて割れているので青とオレンジの六角形マークは助けられません。
剥離も起こし55cmの範囲でレールが変形していました。
このような深い傷にはパテ処理が必要となりますが白い修復跡が残らないように作業しました。
ディケールも再現しました。 



アルメリック
台風の日に前乗りされてクラッシュ。
レールを削ぎ落とされたような状態で、デッキまで貫通寸前でした。
傷んだ部分のフォーム交換をして修復跡が目立たないよう綺麗コースにて修理しました。



AL MERRICK Red Beauty アルメリック レッドビューティー トム・カレン愛用タックドエッヂ。
エッジが切り立ってる形状はスピードが出るように開発されました。ホレた波に適しています。
常にエッジを切り替えないとルースする場合があるので脚力が必要かも。
エッジが効き過ぎているな〜という時はフィンを小さくして調整するのも良いですね。



   
   
AL MERRICK アルメリック
表面上ではヒビに見えますが触ると少しフカフカとするので中で剥離を起こしていると思いました。
サンディングしてゆくと剥離した中央のフォームが奥まで裂けていました。
カラーを入れて修復跡を目立たなくしました。



Mandara マンダラ
セルフ修理の再破損。
削って表面を取り除くとフォームが裂けていました。
傷が深いので着色をして修復跡を目立たなくしました。









AL MERRICK アルメリック レール破損



ZBURH ゼブラ
カラーを入れて傷跡を目立たなくしました。



Justice ジャスティス バフ仕上げ



JUSTICE ジャスティス
カラーを入れて傷跡を目立たなくしました。



AL MERRICK アルメリック カーボン上の破損。
カーボンを消さないよう最大の努力をしましたので大半は残りましたが、剥離を起こしていた一部分だけカーボンを削らなければなりませんでした。
カーボンが剥げた部分はカラーで目立たなくしました。



AL MERRICK アルメリック
修理にあたり左側のデッキパッチを外しましたが修理完了後に装着します。



Webstar ウェブスター サーフボード LKモデル
不完全な修理のまま長期使用されていた為、修理跡の周りが大きく剥離を起こしていました。
傷んだ部分を刳り貫いて再修理、カラーで修復跡を目立たなくしました。



   



Joel Tudor ジョエルチューダー
何かが詰まっていて、その周りが割れていました。
異物を取り除いてからシッカリ修理+カラーを入れて傷跡を目立たなくしました。



傷周りのスクラッチも解消されました。






AZ カラーを入れて修復跡を目立たなくしました。



Oval オーバル ファンボード
押し潰したような傷でフォームが裂けていました。
スケルトンのような透明感が特徴のティント。
深い傷にはパテ形成が必要になりますが、パテでの修復跡は透明感が出ませんので微妙なタッチの違いは避けられませんが、なるべく色をマッチさせました。



Kook Box McCallum クークボックス ジェフマッカラム
テイルレイル破損。
ドライ仕上なので多少白っぽさが出ています。



TylerWarren タイラーウォーレン フワッと着色しました。



フィンが刺さった傷。 カラーで修理跡を目立たなくしました。






Harbour  レールが潰れていました。
綺麗コースにて修理。



ザクッと硬いものが通った傷です。
カラーを入れて目立たなくしました。



Schaeper シャーパー ロングボード
ノーズレールの修理跡が不完全だった為、浸水して変色していますので再修理をしました。
黄ばみも解消しました。



Woosh Surfboard ウーシュサーフボード
レールが大きく割れて剥離しています。
剥離部分は取り除かなければ再破損しますので大きめに刳り貫いてカラーで迷彩を再現。



ZBURH ゼブラ ロングボード
レールが潰れて割れ込んでいます。
テール寄りのレールは古傷のようで浸水による変色と剥離を起こしていました。 



レール55cmの陥没割れ。



YU Longboard レールにザックリ傷。
綺麗コースにて完了しました。



 ↑ボトム側 
   
↑デッキ側
Devotion
ノーズレイルに修理された跡がありました。
デッキ、ボトム、両面ともに何かが詰まってる。
このようにボードを切り取ったり刳り貫かれたボードの復旧は非常に困難です。
異物を詰められた部分を取り除き再修理。
裏技を使って修復跡を目立たなくしました。




Bottom  
チャンネルアイランド
ディケール(マーク)上の割れ。
傷が深いのでディケールの一部が消えましたが、カラーリングで再現しました。



Al Merrick Biscuit アルメリック ビスケット
ストリンガーもグシャっと潰れた深い傷ですのでフォームを移植してマークを再現しました。



AKABA
ボトムの中央〜デッキ側レイルまでの亀裂。
折れた状態でストリンガー付近の凹みも深かったので積層の色が少し見えます。
このボードはクリアーではなく黄ばみを抑えるためにブルー系ホワイトで着色されていますので調色をしてカラーリングしました。 



ボトムに2本のヘコミ、クラック
カラーは使わず修理しました。



ボトムの深いヘコミ+クラック
ライディングに重要なボトムはヘコミだけでも気になるものですが、薄いスジのようなヒビ(クラック)が入っていると少しずつ水が浸入して、いずれ黄色く変色して剥離します。
クロスを重ねる積層修理+カラーで修理しました。



TRUE SURFBOARDS ツインザー
台風のウネリが入ってきた日、硬いボードとクラッシュしたそうです。
レール〜レールまで通過したようなクラック+深いヘコミ+レールはザックリ。
複数の色、ピンラインデザインが絡んできますが修復・再現しました。 



アルメリック POD
すごーい良い波の日、うっかり浅瀬まで乗りすぎて岩にヒット。潰れてる状態です。
傷が深くて広範囲の傷にパテや樹脂を詰めるとボードのシナリに対応しきれず割れます。
フォーム移植+カラーにて修理しました。



MR マークリチャーズ
ストリンガーも潰れて酷い状態でした。
ディケール上まで割れています。
板のシナリ、重量など、ボードの機能を考え、陥没部分のフォーム移植をします。
傷跡が分からないようカラーリングしました。



Josh Hall ジョシュホール
ストリンガー横に大きなヘコミと割れ。



STACEY ステイシー サーフボード
ボトムに友人のノーズが刺さったそうです。
傷が深いのでフォーム交換をしました。
フォーム跡を目立たなくする処理をしてからデザインを再現しました。



AL MERRICK アルメリック ボトム穴
傷が深いのでフォーム交換をしました。
通常のカラーではフォーム移植跡は消えませんが、
アルメリックのディケール(マーク)を描く事により修復した部分が目立たなくなります。
このような価格を重視したコースもご提案しております。



MHD サーフボード ボトム穴
深いヘコミ+フォームが裂けていたのでフォーム交換をしました。
通常のカラーではなく裏技を使って修復跡を目立たなくし、傷周りのヘコミも綺麗になりました。
お名前が書かれているサインの部分に塗料が飛ばないようマスキングで隠して着色しました。
やっぱ、サインは大事だもんね! ボード製造者ならではのプチ心遣いでした♪



HIC ボトムに深い穴
深い傷に樹脂やパテを注入するとボードのベインドで割れる可能性がありますのでフォーム移植をしますが、通常のカラーリングですとフォーム移植跡は隠しきれません。
傷跡が出ないよう特別な作業を行いました。
穴の横にヘコミが2か所ありましたが綺麗になりました。



アルメリック
左側は大きく陥没、右側にはヘコミ。
傷の周りのヘコミも修理をして、修復跡を目立たなくしました。



JS
ブルドーザーのディケールまでザックリ深く割れ込んでいます。
修復跡を見えないような加工を施し、ディケールを再現しました。



LOST MAYHEM SUB-DRIVER ロスト メイヘム サブドライバー ボトム割れ
カーボン、ディケール、サインなどが混在している部分が割れ込んでいました。
クロスを重ねてゆく積層修理をしました。
傷が深いためクロスが複数層重なる事により青っぽい色が出ましたが、自然に仕上がるよう、あえて着色せず青みを出したままにしました。



アルメリック JOE ヘコミ+割れ。
樹脂で応急処置されてます。
黄ばみも解消しました。



Justice ジャスティス
リーフがヒットしました。
穴とスジを修理してカラーを入れました。



Malibu Long Board マリブロングボード
誤って溶剤を垂らしてしまい表面が溶けています。
部分的に溶け具合が違って、深い所と浅い所があり、レールまで溶けている状態でした。



Takayama アブストラクト ロングボード
ボトムのノーズあたり、120cmもの広範囲に無数のクラックが入っています。
折れる原因になる傷なので2〜3本のスジでも要注意です。
このまま放置しますとクラックの筋に合わせてボードが変色しシマシマ模様になります。
早めに修理すれば跡形もなく消えます。 



アブストラクトのタカヤマ・ロングボードです。
ボトム・ノーズ寄りからセンター付近まで、ディケールを挟んで上下120cmの範囲に無数のクラック。
このクラックは深かったですがディケールもアブストも消えないよう慎重に作業を進めました。



Donald Takayama Model-T
ボトムがエグられた状態で深い傷でした。
傷跡を出さないよう強度も考えながら修理。
フワッと色を入れてポリッシュで仕上げました。



HARBOUR ロングボード
ボトムに細かいスジが無数に入っていました。
修理後は強度も上がっています。



HAP JACOBS ハップ・ジェイコブス
ボトムにヘコミ+クラック。
このボードの黒い部分はパネルという手法でクリアーボードの上からカラーを施しています。
左上の写真で、クリアー層の上に色が乗っている様子がわかると思います。
パネルは上の層に色が入っていますので軽くサンディングしただけで色が消えます。
カラーを入れなおしてポリッシュしました。 




Deck  
デッキに穴。
傷が深いのでフォーム移植しました。



CHP ISAO OKANO 岡野功シェイプ
デッキパッチ前が陥没してフォームが裂けています。
作業開始にあたりデッキパッチを外したところ、パッチで隠れていた部分に破損が見つかりました。
ただの割れに見えますが浸水の影響で剥離していました。
傷んでいるフォームを抜き取り、乾燥ラックで休んでもらってからの作業開始になります。
フォーム移植跡は見えても良いとの事でしたので緑+黒で着色をしてカーボン模様を再現しました。
デッキパッチを貼りなおして修理完了。



JS MONSTABOX モンスタボックス
デッキの深い穴はボトム側へ貫通していました。
デッキ側からフォームを埋め込み、ボトム側は積層修理しました。
フォーム移植跡が目立たないよう修理をし、デッキパッチを貼りなおしました。



APACHE ボトムまで貫通寸前。
積層+カラーで傷跡を目立たなくしました。



Mitsu Surfboard Design Hawaii
ストリンガー上までザクーッと通過した傷。
左側にはヘコミがあります。
大きめに修理をしてヘコミも修理をし、カラーリングで傷跡を目立たなくしました。



大きなディンプル(ヘコミ)です。
ヘコみに伴ってクラックも入っている事が多いですが、この板はヘコみだけ。
緊急を要する傷ではありませんが大切なボードにヘコミがあると気になるものですね。 



このディンプルは「アゴ」が原因。
ストリンガー横にもクラックが入っていました。
再びデコボコになるのを防止する為、6オンスのクロスパッチを入れて強化しました。
修理ついでにクロスを入れて強化する事も可能です。



DMS レトロツィン
デッキ、ストリンガー沿いのクラック。
補強パッチを入れて修理しました。
デコボコも綺麗になりました。 



Donald Takayama ロングボード
デッキ、ストリンガーに沿って割れています。
鳥さんディケールの上も割れていましたが、 鳥さんが消えないよう修理しました。
ヘコミや黄ばみも解消しました。



デッキ、ストリンガー沿いのクラック。



Velzy ベルジー
丸いヘコミと割れが消えました。



WEBBER
デッキのディケール(マーク)が割れて剥がれています。
中途半端に消えるのはカッコ悪いので全て剥がしました。ディケール上の修理跡も再修理しました。
日焼でボードの色が退色しているので、ディケールが入っていた場所がウッスラと見えます。



NO BRAND ロングボード
デッキにフィンが刺さった傷です。
ここまで深くて大きい傷はボードの機能と強度を考えるとフォーム交換が最も最適です。
ボトムにウッスラとスジがあったので、まさか!
フォームを抜取ってみるとフォームが裂けてボトムまで貫通していました。
新しいフォームを入れてラミネート+カラー、ボトム面も積層してシッカリ修理しました。




Leash Cup  
Simon Anderson サイモン アンダーソン
リーシュカップ交換のご依頼でしたが、
テイル全体+テイルレイルが割れて黄ばみを起こしているのでテイル全体の修理も行いました。







店内イメージ

.

.

.

.

.


ディケール

shop Information店舗情報

アミューズサーフショップ

〒222-0026
神奈川県横浜市港北区篠原町82-5
TEL:045-402-3358
Mail:info@amusesurf.com

営業時間:14:00〜20:00
定休日:日曜
→アクセス

SURF8 特価キャンペーン
Last updated 10/17/2017